• トップ
  • 東京古典会創立100周年記念 和本シンポジウム

ページの下へ

東京古書組合“古書の日”イベント

東京古典会創立100周年記念
和本シンポジウム

貴重書展 −和本の世界−

  • 10月2日(日)12:00〜18:00  10月3日(月)11:00〜16:30
  • 東京古書会館地下
斯道文庫蔵和漢古典籍集覧 江戸川乱歩と東京古典会−購入記録にみる和本蒐集の軌跡

協力:慶應義塾大学附属研究所斯道文庫


詠歌大概〔三条西実隆〕筆
開設50年を迎えた日本と東洋の古典籍書誌学を専門とする慶應義塾大学附属研究所斯道文庫の蔵書より、和本と漢籍の優品40点を展示します。



展示品解説 (※10月2日のみ開催)

13:30〜/16:10〜 2 回実施(各回30 分程度)

(和書の部解説) 佐々木 孝浩(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授 専門:日本書誌学・和歌)

(漢籍の部解説) 高橋 智(慶應義塾大学附属研究所斯道文庫教授 専門:漢籍書誌学)

協力:立教大学


江戸川乱歩
江戸川乱歩が生前蒐集した和本のコレクションの中から「好色一代男」をはじめ、約30点を展示。乱歩と古本屋の密接な関わりに迫ります。


展示品解説 (※10月2日のみ開催)

13:00〜/16:40〜 2 回実施(各回30 分程度)

丹羽みさと(立教大学兼任講師)

貴重書展 展示リスト

東京古典会創立100周年記念 古典籍展観大入札会 出品物プレビュー
11月11日(金)・12日(土)開催の「古典籍展観大入札会」の出品物から選りすぐりの優品を一足早くご紹介いたします。

北斎の名作が現代に甦る! 〜浮世絵版画 摺りの実演と体験〜

協力:アダチ版画研究所

  • 10月2日(日)
  • 摺りの実演(約60分) 12:30 〜 13:30 / 15:30 〜 16:30
  • 体験ワークショップ (各先着15名)13:30 〜 14:30 / 16:30 〜 17:30
  • 東京古書会館2F

北斎作「神奈川沖浪裏」の摺りの実演をいたします。実演に併せて解説者が作業の説明や道具、浮世絵に関するお話しをしていきます。個別の質問にも応じます。
体験ワークショップでは、実際に摺師の指導のもと浮世絵版画を実際に皆さんに摺っていただきます。

トークライブ ロバートキャンベル×木内昇

  • 10月2日(日)14:00〜16:00(開場13:30)
  • 東京古書会館7階
  • 12時より整理券配布(先着100名)

ロバート キャンベル

1957年生まれ。ニューヨーク出身。ハーバード大学大学院東アジア言語文化学科博士課程修了。現在、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻比較文化研究室教授。日本テレビ「スッキリ!!」にて毎週火曜日ゲストコメンテーターとして出演中。その他多くの情報番組等で活躍中。

木内 昇(きうち・のぼり)

  1967年生まれ。東京都出身。出版社勤務を経て、独立。インタビュー誌『Spotting』を主宰し、単行本、雑誌などでの執筆や書籍の編集を手懸ける。小説作品に『新選組 幕末の青嵐』『新選組裏表録 地虫鳴く』『茗荷谷の猫』『浮世女房洒落日記』がある。2009年に第二回早稲田大学坪内逍遥大賞奨励賞、2011年に『漂砂のうたう』で第144回直木賞を受賞。最新刊は『笑い三年、泣き三月。』。

古本屋になるには講座2011

  • 10月3日(月)13:00〜16:00 定員70名(応募者多数の場合抽選)
  • 東京古書会館7F

※内容は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。